design デザイン

世田谷らしく美しさと心地よさを佇まいに纏う

FACADE DESIGN

凛とした正統感の中に心地よいリズムを

ファサードのテーマは「アカデミック」。
世田谷の文化を背景として、本棚をモチーフに。華美な装飾を施すのではなく、整然とした表情と色調によって凜とした正統感の中に心地よいリズムを奏でます。
また大通りに面する北側にも共通のデザインを施すことで、美しい統一感を演出しています。
このファサードは美しさのみならず、暮らしのためのアイデアでもあります。
バルコニー手摺りを格子状にし室内へ心地よい風と光を取り込めるよう配慮。
また階数によって格子の方向を変えることで周囲の視線からプライバシーを守ります。

陽光と風を豊かに取り込む伸びやかな住空間を設計

開放感あふれる住まいを叶えるため、南向き住戸を中心にワイドサッシを採用。室内最大天井高は約2.45mに設定されています。バルコニー手摺りには格子を用いて風と光を室内へ導きながら、大らかな眺望を享受する住空間を実現。低層階住戸では格子の向きも計算し、外部視線を遮りプライバシーの保護にも配慮されています。

ENTRANCE

オーナーたちが和やかに交流を育む迎賓空間

住まう人々とともに豊かに年輪を重ねてゆく桜の大樹が迎えるエントランス。多摩川の清らかな水景をデザインした中庭を望むエントランスラウンジ。寛ぎのひと時に身を委ねそこで何気なく交わされる和やかな挨拶や会話が、住まいへの愛着をゆっくりと深めてゆきます。